MENU

コーセー米肌のメリット&デメリット?メリットばかりじゃなかった!?

コーセー米肌,デメリット

 

 

全品にライスパワーNO.11を高配合したコーセー米肌。日本人女性の肌は諸外国の女性に比べキメが細かく、色白でモチモチしていると言われていますが、その原因として米食の習慣があるからとも推測されています。

 

 

たしかに私も実体験として「人間は食べたものからできている」説の信者ですので、日本人の食生活が遺伝子に大きく左右されていることは容易に考えられます。

 

 

さて、今回はコーセー米肌のメリットとデメリットをご紹介します。お米のエキスをふんだんに使った化粧品ですから、とても良さそうに感じますが、デメリットも知っておくことでより安心して使えるのではないでしょうか?

 

 

 

コーセー米肌のメリットは?そんなにうるおうの?

 

コーセー米肌,デメリット

 

 

ライスパワーNO.11は「自活保湿」といって、「肌が自らうるおう力を改善できると認められた唯一の成分」となります。実際に米肌を使って、これは良い!と実感した人の感想によると、

 

 

  • お肌がツルツルになり、保湿されている感じがする
  • お肌がふっくらして化粧ノリがよくなった
  • 保湿に伴い乾燥が原因だったニキビが目に見えて治っていった
  • 無香料なのでつけていて不快感がない
  • 肌がワントーン明るくなった(赤みが解消されたおかげかもしれません)

 

 

といった感じで、かなり満足した様子がうかがえます。米肌は、まだ若くてピチピチした肌の女性より、アラサーやアラフォー女性の強い味方になるような気がするのは私だけでしょうか(笑)。極度の乾燥肌でしたらラインで使うのもいいですが、自分の肌質に合わせて、化粧水だけとかクリームだけ米肌にしても良いと思います。

 

 

 

コーセー米肌のデメリットは?

コーセー米肌,デメリット

 

 

メリットがあればデメリットもあります。ということで、続いては米肌のデメリットを紹介します。

 

 

  • 人によっては化粧水で肌がピリピリする(敏感肌の方)
  • ほうれい線や毛穴引き締めに効果ありと書いてあったが実感がなかった
  • お値段が少々お高め

 

 

たしかに口コミでも「化粧水がしみる」という声が多く見られました。しみたり、ピリピリするのは肌が反応している証拠ですから、あまりに不快だったら使用を中止すべきですが、実は「その反応を乗り越えると肌が劇的に変わる」場合もあります。

 

 

3〜5日ほど使用してみて、いつまでもピリピリするようなら肌に合わないと判断できますが、しばらく使ったら刺激を感じなくなったという場合は少し継続してもいいかもしれません。

 

 

値段に関しては、高い安いというのは個人の価値観なのでわかりませんが、化粧品は消耗品なので、あまりに高いと続けられませんから、自分のお財布としっかり相談なさってくださいね!

 

 

トライアルセットはラインでお試しできますが、かなりしっとりするという声もありますので、使う場合はラインなのか単品なのかよく考えて購入しましょう。逆にあまりしっとりさせ過ぎるのも、ニキビやメイク崩れの原因になります。メリットとデメリットをしっかり把握し、楽しくお手入れを楽しみましょうね♪

 

 

 

 

 

 

コーセー米肌のみんなの口コミ

米肌について

お役立ち情報

このページの先頭へ